泥棒、窃盗の被害

泥棒、窃盗の被害にあったことはありますか?
日本は比較的平和な国とはいえ、ほとんどの人は被害にあった経験があるのではないでしょうか?

やはり多いのは鞄や財布の引ったくりやスリですよね。お金に換金しにいかなくても直にお金が入っていますからでしょうね。ナンバーもない原付バイクで気付かれないように後ろから近づいてきて鞄を引ったくる手口が一番多いようですね。対策としてはできるだけ人通りの少ない場所を避けて歩くようにすることではないでしょうか。

財布のスリの多い場所は人混みの多い繁華街や電車ですよね?プロにかかれば気付かずに一瞬で財布を取られてしまいます…
対策としては財布はズボンの後ろのポケットや背広の内ポケットには入れずに前のズボンのポケットに入れるのがいいようですね。しかし、長財布だと前のズボンのポケットは窮屈になりますし無理がありますよね…
そうなると対策は財布にチェーンを付けるしかないですよね…


家に泥棒に入られる

このケースは対策としては基本的には鍵をすることになりますが、窓を壊されては全く意味がありませんよね…家の回りに防犯カメラを設置もしてセキュリティ会社のセキュリティに入っておくしかないですよね…
マンションやアパートのの最上階でもプロの泥棒なら何も問題なく侵入ができるようですね、困ったものです…
しかも物騒な防犯カメラがあるとヤ●ザと勘違いされるかも知れませんが…汗
また、盗まれないようにするために貴重品を金庫に入れて保管をしておくのも良いかも知れませんが、簡単に運べるほど重量の軽い金庫だと全く意味がありません。。


車上荒らし

車に貴重品を置いたままにしてませんか?置いとくと車上荒らしの格好の餌食になってしまいますよ!
車上荒らしに狙われるとカーナビやハンドルまで、お金になりそうなのは何でも盗まれてしまいます…
ホイールやマフラーがいいのに交換してあるとホイールまで盗まれてしまいます…
対策としては車用のセキュリティを付けるか、乗らない時は屋外に車を停めておくのではなく鍵付きの屋内の車庫に停めておく必要があります。
しかし、お金がない家は鍵付きの車庫を建てることはできないので困ったものです…離れた屋外の場所に停めるのではなく家の近くに停めるしかありませんよね。。深夜の3時くらいが盗みの時間が一番多いようですね。

また、人気車種によっては特に、お金になるので盗まれたりする割合も高いようですね。


盗難保険もありますので、お金に余裕がある方は盗難保険に加入しておいた方がいいですね…






このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています